特装事業特装事業

事業内容

官公庁向けの“働くクルマ”を開発・生産

救急車や道路パトロールカー、道路巡回車など、特別な用途・目的に応じたトヨタの「特装車」を開発、生産しています。

ハートフルプラザの運営とトヨタウェルキャブの個別カスタマイズ

トヨタの福祉車両<ウェルキャブ>の常設展示と、様々なお客様に向けたカスタマイズ提案を行っています。
トヨタウェルキャブ<福祉車両>の展示場)

特長・強み

特長
1
さまざまな用途に対応する、高品質な車両

1992年に発表された次世代救急車“トヨタ高規格救急車ハイメディック”は、国産初の高規格救急車として現在も国内トップシェアを誇っています。医療の高度化への対応や地域特性などの特殊なニーズにも、多品種少量生産体制によりお応えしています。
イメージ写真

特長
2
永きにわたる信頼の歴史

1955年、中古車「シムカ」をステーションワゴンに改造したことから特装事業の歴史は始まります。1958年には、国内初「マイクロバス」の生産を開始しました。そのアイデアと使い勝手の良さが受け入れられ大ヒット。
永い歴史の中で培った技術と経験をもとに、さらなる信頼の獲得を目指します。
イメージ写真

特長
3
より快適でやさしいクルマのカスタマイズの提案

ハートフルプラザ(札幌・仙台・名古屋・神戸・福岡)の運営と、高齢の方やお身体の不自由な方も快適にお車を使用できるように、お客様のお身体の状態に合わせてカスタマイズします。
イメージ写真

サービスや製品のラインナップ