研究開発部門研究開発部門

事業内容

最先端技術の追求で、次世代のクルマづくりを実現

豊かなモビリティー社会に貢献する個性あふれるクルマづくりを目指して、レーシングカーや市販車のシャシー、エンジンをはじめとした次世代技術の研究開発を進めています。
2019年2月、研究開発の新しい拠点として「新湘南テクニカルセンター」を開設。これまでのモータースポーツ車両開発で培ったMBD(モデルベース開発)、CFD(数値流体力学)技術、さらにトヨタグループの先端を走るカーコンポジット開発を融合させ、さらなる技術革新を目指します。
イメージ写真

特長・強み

特長
1
計算技術に特化した次世代のクルマづくり

MBD(モデルベース開発)は、試作車を作り、その性能確認と改良を繰り返す従来の開発手法とは異なり、リアルな数理モデルを用い、コンピューターでシミュレーションを繰り返して車両性能を仕上げていく、計算技術に特化した次世代のクルマづくりです。湘南テクニカルセンターでは最新のCFD、解析用クラスターをはじめ、ドライビングシュミレーターやエンジンベンチなど最先端技術を積極的に導入し、開発プロセスの飛躍的な効率化を推進。さらにモータースポーツ事業を展開する当社ならではの風洞設備や、レースの実戦を生かした評価・解析を通じ、開発サイクルを短期間に回すことで、圧倒的な開発スピードを実現しています。
イメージ写真

特長
2
コンポジットの設計・開発から試作までを行う一気通貫の体制

カーボン、ケブラー、ガラスなどの繊維を樹脂で固めた複合素材(FRP)を用いて、レーシングカーやモーターショーのコンセプトカーなどの設計・製作を行っています。その複合素材で最近とくに注目されているのが、フォーミュラカーのモノコックやSUPER GTに参戦中のLEXUS LC500にも使われている、カーボンファイバー(炭素繊維)です。湘南テクニカルセンターには、こうした複合素材の研究開発設備が集約されています。設計・開発から試作までセンター内で一貫して行い、徹底した品質管理と万全のセキュリティ環境のもと、新しい工法の研究や多様なモノづくりに対応しています。
イメージ写真

サービスや製品のラインナップ